近 況 愚 写 録 

========== 2019年 1月1日 ==========

菌賀新年。
〜 13時00分更新 〜

hanasan


あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて。

昨年のクリスマスに、素敵なプレゼントが届きました。
拙著 『もりの ほうせき ねんきん』 が、
平成最後の年、平成31年度の、
「厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財」
という、なんとも長い名前のものに選定されたとか!

実は、そのなんとか文化財というものを、
個人的に、まだ、あまり理解してないのですが(笑)、
厚生労働省の該当ウェブサイト を見ると、
これは、ひょっとして、すごいことかも!
と思えたりするわけです、はい。

これも、ひとえに、
皆さまのおかげでございます。
お礼申し上げます。

共著者に早速報告したのですが、
つれない返事しかもらえませんでした……(笑)。

nenkin


さて、さて。

来る、1月20日(日)の13時から、
同じくNHK文化センター神戸教室で、きのこの講座を開講します。
題して『森のきのこをとことん楽しむ方法』。

昨年の粘菌講座と同じく、
写真や動画をスライドショー形式でたっぷりご紹介しつつ、
きのこの生態や、写真撮影方法などについてもお話しします。

nhkck

皆さま、どうぞよろしくお願いします。
詳細・お申し込みは NHK文化センター神戸教室 のサイトで。


sanyocn

そして、表紙と巻頭エッセイを担当させていただいている、
「三洋化成ニュース」の新春号が届きました。
後日、三洋化成工業のウェブサイトで PDF版 が公開される予定です。


(撮影 /Nikon D850=はなさん、他はSONY RX100M3)
Copyright (C)ukigumo club , (C)Fumihiko ARAI All rights reserved.



HOME     以前の愚写録をみる     お問い合わせなど



 
 近 況 愚 写 録 

========== 2019年 1月27日 ==========

岩手遠征、八幡平温泉・盛岡編。
〜 13時00分更新 〜

1月12日〜15日に、岩手県へ行ってきました。
冬の岩手を尋ねるのはすごく久しぶりで、
雪は少なかったものの、マイナス10度を下回る寒さは健在。
楽しい楽しいひとときでした!

と、言いたいところなのですが、
おそらく、行程中のどこかでインフルエンザに感染し、結果的に、
14日に東京から合流した同行者他3名、全員にうつしてしまいました……。
でも、まあ、楽しかったな(笑)。

と、いうことで、旅の前半、
インフルエンザに感染する前(と思われる)、
八幡平温泉郷ボンネットバス旅なんぞを……。

ukiyoe

夜行バスに乗る前に、日本橋高島屋へ。
百貨店の展覧会は作品に近いし空いているし安いし、
いい事ずくめなのだ。
浮世絵をたっぷり堪能しました。


yamadauduki

そして、銀座のスパンアートギャラリーで開催していた、
我がパンケーキ仲間、山田雨月さんの個展へ。


yamadauduki

雨月さんならではのキャラの世界がしっかり構築されていて、
見る人をぐいぐいその世界へ誘い込む。
作品は可愛いだけではなく、見る人の喜怒哀楽をわしづかみにする。
ふと、油断すると、作品の前で、あれこれ想像や妄想が止まらなくなり、
あとではっと気づいて、現実に引き戻される、の繰り返し。
素晴らしい個展でした。
(奥は重武装したご本人)


rion

出発時間まで間があるので、まずは、ビールをごくごく。


keika

そして、どうしてもラーメンが食べたくなったので、
久しぶりに桂花の太肉麺を。


morioka

夜行バスは3列シートで快適。
目が覚めると、すぐに盛岡に到着。
午前6時、気温はマイナス10度。
夜と朝の境目のような時間だった。


bus

50年以上現役で走っているボンネットバス。
前から乗りたいと思っていたので、嬉しい。
走行距離は、およそ150万キロとか。

ボンネットバスが走っているのは、
岩手県八幡平市の八幡平マウンテンホテル〜松川温泉の約7km。
期間は11月下旬から3月いっぱいくらいまでで、1日3往復。

バスは、四輪駆動で、車高が高く、小回りが効くので、
急カーブ、急坂が連続する冬道の運行にぴったりなのだ。

このバスに乗るためだけに訪れる価値があるかと……。


bus

お尻も本当に美しい。


bus

横から。


bus

前から。


bus


bus

運転席。


bus

客席。


bus

カーブミラー。
しゃりしゃりしゃり、というチェーンの音と、
うい〜ん、と低く響くディーゼルエンジンの音が、
もうたまりません。


bus

ドアミラー。


bus

まるで噴煙のような湯気が上がる松川温泉。


bus

終点。


bus

八幡平温泉郷付近は、ヤドリギ天国でした。


hachimantaiheights

八幡平ハイツで、温泉&ランチバイキング。
1650円と、超お得です!


hachimantaiheights


hachimantaiheights

ランチバイキング。


ipponzakura

帰り道、ちょっと遠回りして、雫石方面へ。
春に有名な小岩井農場の一本桜は冬でも絶景でした。


bus

八幡平温泉郷で、ボンネットバスと温泉とランチを堪能。
盛岡へ戻って、今度は「普通の」バスで街に向かいます。


hamarai

三陸板前バル 浜来。
ここで、埼玉からやってきたH氏と合流。


hamarai

ぶり大根。


hamarai

刺身盛り合わせ。


hamarai

牡蠣のガーリックソテー。


hamarai

白子の天ぷら。
あとは、写真撮るの、忘れた(笑)!


amour


amour

そして、夜の盛岡、と言えば、例の店へ(笑)。
この日も、東北のおいしい日本酒を中心に、
飲んだ、飲んだ!
「豊盃」と「田酒」が飲みたい!とオーダーすると、
さっとすぐにこれだけ出てくるんだから、もう……。


yakiniku

H氏がお昼にじゃじゃ麺を食べた、というので、
冷麺で〆ることにした。
でも、その前に、ビール&焼肉だ!


reimen


reimen

もう何年も食べてなかったけど、
冷麺、想像以上に、おいしかったっす、はい。


さて、さて。

インフルエンザなんぞにかかってしまい、
講座の延期を余儀なくされてしまいました……。
受講者の方、そして、NHK文化センター神戸教室の関係者には、
本当にご迷惑をおかけしました。
すみません。

で、新日程は、来る、2月10日(日)の13時から。
タイトルは同じく、『森のきのこをとことん楽しむ方法』です。

昨年の粘菌講座と同じく、
写真や動画をスライドショー形式でたっぷりご紹介しつつ、
きのこの生態や、写真撮影方法などについてもお話しします。

nhkck

皆さま、どうぞよろしくお願いします。
詳細・お申し込みは NHK文化センター神戸教室 のサイトで。


(撮影 /OLYMPUS OM-D E-M1 MarkII、SONY RX100M3)
Copyright (C)ukigumo club , (C)Fumihiko ARAI All rights reserved.



HOME     以前の愚写録をみる     お問い合わせなど



 
 近 況 愚 写 録 

========== 2019年 2月1日 ==========

久しぶりの、きのこの会。
〜 9時00分更新 〜

hanasan

朝早い電車に乗るため、
日の出前に、お散歩へ出かける。
はなさんは相変わらずかっちょいいし、
夜明けのファミリーマートは美しかった……(笑)。

で、はなさんに、しばしの別れを告げて、東京へ。

夜は、気の合った仲間と「きのこの会」と称して、
おいしい(であろう)きのこ料理を食べに行くので、
昼間は、美術展三昧だ!!と、喜び勇み、
東京都美術館の『奇想の系譜展』と、
森アーツセンターギャラリーの『新・北斎展』のチケットを、
前夜のうちに、インターネットで購入したのだった。


takasakist

最近お気に入りの、高崎駅のごぼう天そば。
熱々、しゃきしゃき。
朝7時半でも「上州の朝がゆ」は売り切れ……。


jasmine

これまた最近お気に入りの、セブンイレブンのジャスミン茶。
普段は、もちろん、セイコーマートのジャスミン茶を愛飲。


ueno

何を隠そう、大学を出て、就職をして、
その最初の仕事が、東武特急「スペーシア」デビューの、
広告づくりと各種記念イベントの開催だったのだ。
懐かしいなあ……。
最近では、JRの線路も走っているのね(笑)。


ukiyoe

そして、上野の東京都美術館へ!

やけに空いている!
いやいや人がまったくいねえぞ!
係のおねえさんに「入口はどちらでしょう?」と聞いたら、
本当に申し訳なさそうな声で「2月9日からです……」と言われる。

が〜ん(笑)。

チケット買うとき、よく確認しろよ!
んもう……。

仕方なく、上野公園をぶらぶらして、
帯広から上京している友人夫妻と合流すべく、御茶ノ水へ。


bondy

カレーの街・神保町で、お昼ご飯。
1、2位を争うくらい好きなボンディーへ。
さすが、13時半でもけっこう混んでいる。


bondy

定番のビーフカレー。
おいしゅうございました。
じゃがいもが一人2個ずつ付くのだが、
バターの大きさが昔の4倍くらいになったな(笑)。


bondy

やけに柔らかいなあと思いつつ、紙袋から取り出すと、
進化の最先端のようなプラスチック楊枝だった。
それから、写真はないけど、壹眞珈琲店で、
ブレンドコーヒー&モンブランのケーキセットを喫し、六本木へ。


roppongi


roppongi


roppongi


roppongi

お目当ては、『新・北斎展』だ!

ん?休館日って何……?
表示間違いじゃないのか!
森アーツセンターギャラリーって、会期中無休じゃないの?

ひ〜ん……(涙)。

こんな日もあるさ……。


omotesandou

のんびりとバスで渋谷に向かい、LOFTなんぞをひやかし、
「きのこの会」の舞台、表参道へ。
明治通り沿いのビルで、きのこ発見(笑)!


mushroomtokyo


mushroomtokyo

訪れたのは、知る人ぞ知る、きのこ界の有名店。
その名も「マッシュルームトーキョー」だ!


mushroomtokyo

とりあえず、というか、ずっとずっと、エビス生。


mushroomtokyo

お通し的な。
お豆腐にマッシュルームを和えた味噌的なものが乗っている。
これが、めっちゃ、うまい。


mushroomtokyo

1万個に1個しか採れないという、超大型マッシュルーム。
これを食べるには、要予約。


mushroomtokyo

「ひらひらマッシュルーム」ダブル。
生のスライスを、塩やオリーブオイルをつけて食べる。
これも、めっちゃうまい。


mushroomtokyo

マッシュルームサラダ。
揚げたマッシュルームがいい味を出しているんだな、これが。


mushroomtokyo

お店オススメの、
九条ネギとマッシュルームのアヒージョ。
汁の旨さがまた別格で、
フランスパンがいくらあっても足りない。


mushroomtokyo

マッシュルーム入りソーセージ。
熱々のぷりっぷりでかじると肉汁があふれる。


mushroomtokyo

定番?の、マッシュルームオムレツ。


mushroomtokyo

そして、メインディッシュは、
ギガマッシュルームのまるごとステーキ。
ヒダをスプーンで押し、にじみ出るスープをすすったらもう……。
マッシュルームがこんなにおいしいとは思いませんでした、はい。


mushroomtokyo

マッシュルームピザ。


mushroomtokyo

そして、デザートは、マッシュルームジェラード。
これがまた、マッシュルームの深みのあるお味で、もう大変……。
器も、きのこ型だぜ。

5人でシェアしたので、ほぼフルコースと言える、
いろいろなマッシュルーム料理を堪能することができました。
おいしゅうございました。


takasakist

翌日のお昼は、高崎駅の立ち食いそば屋のラーメン。
これ、本当にシンプルで、うまい。
440円也。
いつも「これだよ、これ」と心の中で叫びながら、食べている(笑)。


さて、さて。

インフルエンザなんぞにかかってしまい、
講座の延期を余儀なくされてしまいました……。
受講者の方、そして、NHK文化センター神戸教室の関係者には、
本当にご迷惑をおかけしました。
すみません。

で、新日程は、来る、2月10日(日)の13時から。
タイトルは同じく、『森のきのこをとことん楽しむ方法』です。

昨年の粘菌講座と同じく、
写真や動画をスライドショー形式でたっぷりご紹介しつつ、
きのこの生態や、写真撮影方法などについてもお話しします。

nhkck

皆さま、どうぞよろしくお願いします。
詳細・お申し込みは NHK文化センター神戸教室 のサイトで。


(撮影 /SONY RX100M3)
Copyright (C)ukigumo club , (C)Fumihiko ARAI All rights reserved.



HOME     以前の愚写録をみる     お問い合わせなど



 
 近 況 愚 写 録 

========== 2019年 3月8日 ==========

八幡平樹氷ツアー(初日)
〜 18時00分更新 〜

1月に、盛岡・遠野へ行ったとき、
どこかでインフルエンザに感染して、
そりゃあひどい目にあった。

日頃、病とまったく縁がなく、
病気というものへの耐性を持たないゆえか、
いつまでも本調子じゃないような気がして、
結局「完治」するまで、ひと月くらいかかった。
それにしても、咳がいつまでも止まらなかったなあ。

その1月半ば、凍てつく盛岡の街で、
盛岡在住の888氏と飲んだとき、
久々に冬山へ行こう!!と、盛り上がったので、
群馬に戻って、ごほごほと咳をしつつも、
盛岡往復の新幹線のチケットを予約した。

サラリーマンである888氏に合わせて、
週末限定、決め打ちの日程である。
晴れるも八卦、嵐も八卦。

そして、2月22日、ねこの日に、群馬を出発。
真っ昼間ではあるが、新幹線の車内販売で購入した、
あこがれの、ほやの燻製を肴に、ビールをたっぷり飲んだ。

shinkansen

beer&hoya

なんせ、1月の盛岡・遠野遠征の帰路の新幹線では、
体がだるく、食欲もまったくなく、
ポカリスエットを2本飲んだだけ……(涙)。

shinkansen

旅情もへったくれもなかった。

1月に引き続き、888家にお世話になり、
夜は、街へ飲みに行くこともせず、
お酒もそこそこにして、早めに就寝した。

翌、23日。
快晴である。
冬山登山、決行だ。

向かうは、八幡平。
秋田県の八幡平スキー場が起点だ。

高速道路を鹿角で下りても、やはり、晴れ。
天気予報では、翌日も、晴れ。
この時期としては、奇跡と言えるほどの、
まさに登山日和なのだった……。

F.Arai

ちなみに、参考までに、服装の説明を。
ぼくはものすごく汗っかきなので、
冬に、寒冷地で、激しい有酸素運動をするとき、
汗を凍らせないことが最重要になるのだ。

ベースレイヤーには、
ミレーの鎖帷子こと、ドライナミック メッシュ 3/4 スリーブ クルー。
その上に、パタゴニアの透湿速乾長袖Tシャツ、
その名も、キャプリーン ライトウェイト ジップネック。
アウターは、パタゴニアのフーディニ・ジャケット。
(胸ポケットには白金カイロ!)

下は、パタゴニアのブリーフ&タイツ、
モンベルのレインウエア(ストームクルーザー)に、
モンベルのゴアテックスロングスパッツ。

手は、もはや冬山の定番、防寒テムレス。
下に、綿の薄い手袋もつけている。

靴は、もう20年くらい愛用している、
LLビーンのメイン・パック・ブーツ。
新幹線にもこれを履いて乗ったのでちょっと大変だった……。
靴下は、アディダスのやや厚めのスポーツソックスに、
モンベルのメリノウール アルパイン ハイソックス。

スノーシューは、アメリカから直接取り寄せた
タブスのトレッキング用スノーシュー(荷重100kg対応)。

モンベルのトレッキングポール(片方は一脚仕様)には、
別売りのスノーバスケットを装着。

バックパックは、LLビーンの100リッター。
(天袋の下の白いビニールは山小屋のストーブ用の薪)
食料、酒、防寒着、ファーストエイド、寝袋やマットなどに、
三脚(スリックカーボンマスター3段)を加えて、
登りはだいたい20kgくらいの重さ。

カメラは、Nikon D850。
レンズは、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR。

気温−15度以下、強風で雪が叩きつける中での、
早朝の長時間露光撮影(5秒〜20秒)を含めて、
フル充電の充電池で、まる1日、約450枚撮影できた。
全行程、首から「むき出し」でぶら下げていて、
不具合はまったくなし。

ただし、小屋に入ると、暖房で結露するので、
フリースとゴアテックスの袋に2重にくるんだ。

ウエストバッグには、
AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR、
SB500(フラッシュ)、予備電池×2、LEDヘッドライト、
ハーフNDフィルター(-2段)、各種クロスなど。


では、リフト代300円を払って、出発!

hachimantai

スキー場を歩くのは心が折れる。
リフト、バンザイ!


hachimantai

スキー場をリフトで登ったら、しばらく下る。


hachimantai

そして、樹林帯に突入。
てっぺんまで、ややきつい登り。


hachimantai

ダケカンバの枝についた雪が青空に映えて美しい。


hachimantai

樹林帯を抜けると、まさに八幡「平」。
モンスターたちがお出迎え。


hachimantai

強風が吹いているので、雲の動きが早く、
目まぐるしく天気が変わる。


hachimantai

樹氷、というより、樹雪なのだ。


hachimantai

晴れたかと思うと、すぐに暴風雪。


hachimantai

恐竜から妖怪からサザエさんまで、
たくさんキャラクターが登場して面白いの何の。


hachimantai

主役とその他大勢(笑)。


hachimantai

完全に雪に埋まった、八幡平頂上。


hachimantai

明暗、陰陽。


hachimantai

八幡平スキー場を10時30分に出発し、
およそ4kmのルートを、ゆるやかに、でもひたすら登りあげて、
今夜のねぐら、陵雲荘には、13時40分に到着。

小屋にはすでに10人以上の人がいて、
ストーブをがんがん燃やしていた。


hachimantai

荷物を置いて、ちょっと休憩して、
夕景を撮るべく、ダウンジャケットを羽織り、
カメラと三脚をかついで小屋の外へ。
寒い!ぶるぶる。


hachimantai

東の空が絶妙なピンク色に染まる。


hachimantai

陵雲荘全景。
左奥は茶臼岳。
去年(2018年)の10月21日に登ったのだった。

結露対策で、カメラを二重に袋に包んでしまったゆえ、
小屋の中の写真はなし(笑)!

ソーセージやミートボールやインスタントラーメンをつまみに、
銀河高原ビール、シーバスリーガルミズナラ、ブラックニッカなんぞを。
日の出前に起きて、星や朝景色を撮りたいので、お酒もそこそこに。

出発前、あまりにがさばるゆえ、
持っていく寝袋を冬用から夏用に替えたのだが、
これが大大正解!

ストーブが暑すぎて夜中に寝袋から這い出すという、
とても真冬とは思えない経験をしました(笑)。


(撮影 /Nikon D850)
Copyright (C)ukigumo club , (C)Fumihiko ARAI All rights reserved.



HOME     以前の愚写録をみる     お問い合わせなど



 
 近 況 愚 写 録 

========== 2019年 3月14日 ==========

八幡平樹氷ツアー(2日目)
〜 20時00分更新 〜

陵雲荘では、2階というか、ロフトというか、
とにかく、はしごで、上に登った場所に陣取った。
(そこしか空きがなかった……)

夕方の撮影からもどって中に入ると暑いくらい。
痛いほどしばれた手をストーブにかざす。
しばし脳みその活動が停止する……。

天気が良ければ星空撮影にもチャレンジしたいと思っていたが、
偵察に出た階下の人たちの声を聞くと、どうも曇りらしい。
とっとと諦めて、夕食兼アルコールタイムに突入。
下にストーブの火が見えるのは最高だぜ。
しかも、あったかい。

翌日は日の出前に起きるつもりなので、
名残惜しいが、お酒はそこそこにして寝袋に入る。
21時30分、就寝。

ぐうぐう。

888氏がごそごそしているので、目が覚めた。
月が大きいものの、満天の星が出ているという。

いざ、出陣。
時刻は午前5時10分。

hachimantai

月明かりに照らされた樹氷群。
東の空がうっすらオレンジ色になってきた。


hachimantai

夜と朝のはざまのなんとも言えない空の色。


hachimantai

日の出間近。
モンスターたちもお目覚めか……。


hachimantai

樹氷原。
空のなんとも言えぬ美しさ……。


hachimantai

陵雲荘と月。


hachimantai

いよいよ日の出。
西側の高台がピンク色に染まる!
これ、これ、この色が見たかったのさ。


hachimantai

ぼくは小屋の裏手にいたのだが、
思ったよりもピンク色に染まらなかった……(涙)。


hachimantai

ご来光。
6時25分。


hachimantai

露出を思い切ってアンダーに。
なかなか良い色になった。


hachimantai

Nikon D850に付けている、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは、
逆光にすごく強いので、安心してシャッターを切ることができる。


hachimantai

この場所にいる幸せ。


hachimantai

記念撮影。


hachimantai

記念撮影その2。


FArai
撮影 (C)888-morioka

例によって、服装・装備の説明を(笑)。

カメラは、Nikon D850+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR。
三脚はスリックのカーボンマスター3段。

服装、上半身。
ベースレイヤーは、
メリノウールとポリエステルが約半々の、
パタゴニア、キャプリーンエアクルー。

その上に、パタゴニアのテクニカルフリース、
R1プルオーバーフーディ。

さらに、濡れても保温力がまったく落ちない、
パタゴニアのマイクロパフフーディを着込む。

アウターは、コロンビアのダウンジャケット。
ポケットが上向きなので小物を入れても落ちにくいので、
撮影のときなど、すごく重宝してる。

服装、下半身。
パタゴニアのブリーフ&タイツのセット、
モンベルのストームクルーザーという組み合わせは、
前日の行動スタイルと同じなのだが、
タイツだけ、より厚いタイプに着替えた。

大失敗したのは、白金カイロを忘れたこと。
気温が−15度くらいで、風速10mはあろう強風だったので、
防寒テムレスと綿手袋のわずかな隙間から冷気が入り、
久々に手がかじかんでしまった。
ああ、痛い、痛い!


hachimantai

小屋にもどって、アンパンとコーヒーで朝食。
急いで荷造りをして、8時30分ころ、小屋を出発。
食料も薪もないので、バックパックが軽い(笑)。

それにしても、
空が青い。青すぎる。


FArai
撮影 (C)888-morioka

2日目の行動スタイル。
前日より気温が思い切り低いので、
早朝撮影のときに着ていた、
ベースレイヤーとフリースはそのままで、
アウターに前日と同じ薄いウインドブレーカーを着る。

下半身は早朝と一緒である。

荷物は軽くなっているし、全体的に下りなので、
それほど大量の汗はかかないだろう、と予想。
相変わらず風が吹き付けているので、
フードはフリースとウインドブレーカーの2重対応。

胸元に付いたチャックが寒暖調節にすごく役立った。
暑ければチャックを下げ、寒ければ鼻下まで覆う。
プラスマイナス5度くらいの調整ができる感じ。


hachimantai

後ろを振り返ると、絶景だった。
岩手山と樹氷。
岩手山の左肩は早池峰山だ。


hachimantai

太陽は出てるし、青空だけど、
風が冷たくて、思いっきり寒い。


hachimantai

山上からしか望めない、素晴らしい風景。


hachimantai

いろいろなキャラクターが入れ替わり立ち替わり現れるのだった。


hachimantai

普通の人は多分気が付かないと思うけど、
きのこ、発見。

そして、無事、樹林帯を抜け、スキー場のリフト脇を歩いて、
10時40分頃、八幡平スキー場のレストハウスに到着。

長いゲレンデをスノーシューで下るのが、
今回の行程でいちばん辛かったかも……。

鹿角で温泉に入って、安代でおそばを食べ、
15時過ぎに盛岡へ到着。

888氏、どうもお疲れさまでした。
そして、お付き合い、ありがとうございました。


shinkansen

実は、新幹線に乗るのが不安だったのだ。
果たして、100リッターのバックパックをどこに置けばいいのか?
いわゆる「網棚」には絶対に乗らないから!

じゃあ、実際のところはどうしたかというと、
行きは、車両の一番後ろに座っている人に声をかけて、
壁と座席の間にできたスペースに置かせてもらった。

帰りは盛岡始発の「はやぶさ」だったので、
車両の出口付近にある「荷物置場」に置けた。

いつも車で移動しているゆえ、
大きな荷物を背負っての電車移動の大変さが身にしみた。
だけど、1人で、2泊3日くらいで、群馬〜盛岡を往復するなら、
旅費的には、車より新幹線の方が断然安いからなあ……。


shinkansen

帰りの新幹線のお供は、平泉のうにごはんと、ホヤの燻製。
そして、ビール4本(笑)。

はなさんが待っている群馬に着いたのは、日付が変わる1時間前。
ああ、心地いい疲れだ……。


(撮影 /Nikon D850)
Copyright (C)ukigumo club , (C)Fumihiko ARAI All rights reserved.



HOME     以前の愚写録をみる     お問い合わせなど



 
 近 況 愚 写 録 

========== 2019年 3月26日 ==========

柴犬はなさん15歳の誕生日&新著発行!
〜 11時00分更新 〜

hanasan

3月20日、満を持して、新著が発売されました。
菌の絵本シリーズ 『ねん菌(へんけい菌)』(農文協)

クレヨン画家の加藤休ミさんが絵を描き、
粘菌研究の第一人者・川上新一博士が監修、
そして、新井が写真を担当。
一応、子ども向けという体裁をとっておりますが、
幼児本の皮をかぶった大人本です(笑)。

これ1冊でも粘菌の知識は十分まかなえるはずですが、
さらに、

粘菌生活のススメ
奇妙で美しい謎の生きものを求めて


441651638X


もりの ほうせき ねんきん
(平成31年度 厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財 選定)

4344026403

以上2冊をを併読していただければ、
来る粘菌生活は、ばっちりです(笑)!

さて。
その、新著発売の3月20日は、
我が愛犬柴犬はなさんの15回目のお誕生日。
2重にめでたい!

はなさん、いつまでも長生きしてください!

と、いうことで、
お誕生日前後に撮影した写真をご覧あれ。

hanasan


hanasan


hanasan


hanasan


hanasan


hanasan

(撮影 /Nikon D850、SONY RX100M3)
Copyright (C)ukigumo club , (C)Fumihiko ARAI All rights reserved.



HOME     以前の愚写録をみる     お問い合わせなど