近 況 愚 写 録 

========== 2017年 7月9日 ==========

 北海道上陸前後に食べた麺。
〜 14時30分更新 〜

今年も、気がつけば、もう、北海道に(笑)。
この数日は、日本でいちばん気温が高い地域が、
なんと、ここ北海道なのだ!

帯広市で最高気温が35度を超え、
阿寒湖温泉でも連日30度を超えております。

あぢい。

それでも、夜になれば、
気温は20度を下回るくらいになるので、
窓を開けたまま寝たら寒いくらいです。

さて。
北海道へ上陸して、
ほぼ毎日森へと出かけ、写真撮影に勤しんでおります。
まだまだきのこや粘菌の姿は少ないのですが……。
次の企画を乞うご期待!

最近のお仕事としては、
カシオ計算機のアウトドアサイト、
「WILD MIND GO!GO!」での連載の2回目、
隠花植物入門#2
不思議生物 地衣類ウォッチングに行こう!

が公開になっております。

そして、そして、
ぼくの粘菌写真をたくさん使っていただいている、
日本テレビのドラマ「うちの夫は仕事ができない」
の第1回目が、7月8日(土)22時スタート!
主演の錦戸亮さん、松岡茉優さんの笑顔に加えて、
かわいい粘菌くんもどうぞお楽しみあれ。

uchinootto


と、いうことで、
北海道へ上陸する前後に食べた麺を、
ずらずらっとご紹介します。


ippei

福島県喜多方市「一平」 じとじとラーメン
盛岡へ向かう途中で、朝ごはん。
喜多方では珍しい背脂チャッチャ系。


chottotei

山形県河北町「一寸亭 本店」 冷たい肉そば
暑いときにはこれに限るぜ。


matoyachuka

岩手県盛岡市「マトヤ中華」 中華そば+ネギ
飲んだあと久々に、じゃじゃ麺ではなく、ラーメンを食べる。
京都の新福菜館本店と関連があるみたい。


takamiya

岩手県盛岡市「たかみ屋」 ワンタンメン
昔ながらの、街の中華屋さん。
日曜日なので家族連れで賑わっていた。


takahashi

青森県弘前市「たかはし」 中華そば大盛り
青森、というか、日本を代表する超絶煮干しラーメン。
食べずにはいられない。


tonpei

北海道帯広市「とん平」 中華そば
帯広を代表する人気店。
無化調。


kai

北海道帯広市「懐」 ら〜めん
もう20年以上も通っている店。
無化調。


poronno

北海道釧路市阿寒湖温泉「ポロンノ」 オハウドン。
アイヌ料理を肴に飲んだ後、最高の一杯。


senkaku

阿寒湖温泉「仙客」 担々麺
滞在中何度もお世話になる。


enishi

北見市「縁」 縁味噌ラーメン
2016年秋オープンの札幌ラーメン系のお店。


harukichi

北見市「はる吉」 みそらーめん
阿寒湖から片道70kmだけど月に1〜2回は通っている。


aioi

津別町あいおい道の駅 天ざる
去年から大きく変化を遂げたけど、絶品。


uocchi

釧路市「魚一」 アサリラーメン 魚醤 こってり 太麺
釧路遠征時の朝ごはん。


yahata

白糠町「やはた」の野菜ワンタンチャーシュー麺(塩味)
ポイントがたまったので店でいちばん高いメニューを頼んでみた。


aioi

津別町あいおい道の駅 ザル大盛り
やはり、天ぷらも食べたい(笑)。


moca

阿寒湖温泉「モカ」 冷やし中華
洋食屋だけど麺もいける。


(撮影 /SONY RX100M3)
Copyright (C)ukigumo club , (C)Fumihiko ARAI All rights reserved.





『森のきのこ、きのこの森』(玄光社)
好評発売中!

A4変形版(通常のA4より縦がやや短い)
144ページ、オールカラー、150枚以上のきのこ写真を掲載!
価格2000円(税別)

→ アマゾンで購入する

morinokinoko,kinokonomori

中身の立ち読みは こちら を!

すでにたくさんの方々から感想をいただいておりますが、
想像以上に好評なのでとても嬉しく思っております。

そう、週刊文春11月20日号の「私の読書日記」欄で、
池澤夏樹氏に拙著を取り上げていただきました!

bunsyun


さらには、なんとなんと、池澤夏樹氏には、
12月11日付け毎日新聞の書評執筆陣が選ぶ2016の「この3冊」にも、
選んでいただきました!!
なんたる僥倖!

bunsyun


どうぞよろしくお願いします。



HOME     以前の愚写録をみる     お問い合わせなど



 
 近 況 愚 写 録 

========== 2017年 9月28日 ==========

 ご無沙汰しております。生きてます(笑)。
〜 18時30分更新 〜

いやいや、ウェブサイトを開設して以来、
これほど長く更新が滞ったのは初めてでございます。

もう、SNSの時代で、個人のブログはもちろん、
ウェブサイトなんか超時代遅れ!
Twitter とか Facebook とか Instagram 更新しておけばいいじゃん、
とお考えの方も多いと思いますが、
自分だけのスペースを自分だけの意志で運営するメリットも、
けっして少なくないのではないか、と考えております。

とにかく、8月中旬以降、いろいろと忙しく、
1日中アウトドアガイドをして、夜は原稿書き、
という日々を過ごしておりまして、
ラーメンすら食べに行く暇がない、というありさまでした。

阿寒湖の紅葉が例年より10日くらい早く最盛期を迎えた、
この9月下旬くらいになって、ようやく落ち着いたところです。

なるべく頻繁に更新するよう、努力します。

最近のお仕事は……。

9月23日発売の雑誌
「SINRA」2017年11月号 きのこのヒミツ
に、巻頭グラビア&エッセイが掲載されています。
amazon で購入する

sinra


そして、もう明日9月29日のことなのですが、
19時30分から、NHK関西エリアで放送の、
「かんさい熱視線」 愛しの粘菌-身近にある生命の神秘ー
に、なんとなんと生出演します!
同じくスタジオゲストの辛酸なめ子さんとの粘菌トークも。
関西エリアにお住まいの方は、ぜひご覧ください。

29日の朝、阿寒を出発して、大阪で夜の生放送に出演し、
翌30日の夕方には阿寒へ戻る、という、
まるで売れっ子のような(笑)、
弾丸スケジュールで大阪へ行ってきます。

yahata


また、カシオ計算機のアウトドアサイト、
「WILD MIND GO!GO!」での連載の5回目にして最終回、
隠花植物入門#5 シダ植物の魅力を探ろう!
が、本日9月28日に公開されております。


9月中旬以降の出来事を、
ずらずらっとご紹介します。


oiken

oiken

青森県は奥入瀬渓流を中心に魅力的なネイチャーツーリズムを展開している、
NPO法人奥入瀬自然観光資源研究会の、熟……、ええと、美女チームの方々が、
研修にいらしたので、2日にわたって、阿寒が誇るコケの森へご案内しました。

帰る日は台風直撃で、フェリーは運休したものの、
函館から新幹線に乗るという荒業で、予定通りに十和田へ帰着したとか!
さすが、熟、もとい、美女パワー。


poronno

リクエストにお応えして、夜の部は、アイヌ料理ポロンノさんへ。
初日は、お魚づくし!特別に、ステキ料理をご用意していただきました。
写真は、阿寒湖産ニジマス、コイのフライ。
うま〜。


poronno

阿寒湖産ヒメマスのカルパッチョ。
他にも、
クジラ、イカ、サンマの刺し身、メフン(鮭の肝臓の塩辛)ポテト
ラスタケップ(カボチャやとうきびや豆などを混ぜ合わせたもの)、
メフンスパゲティなどなど、絶品料理が並びました。
サッポロクラシックビールで乾杯!


poronno

2日目の夜もポロンノさんへ。
前日とは一転、お肉デー。
写真は、エゾジカ、ラムのしゃぶしゃぶセット。
あいおい道の駅の絶品豆腐も加わり、
ご飯追加もOK、締めはうどん。
うま〜。


poronno

さらに、ポッチェピザ。
他にも、オオウバユリの根入りメフンポテトなど。
うま〜。


canoe

紅葉ほぼ最盛期の阿寒湖へカヌーで漕ぎ出す。


beniten

今年も湖岸の森で出会えた、ベニテングタケ。


yukimushi

いつもより2週間くらいも早く、雪虫(トドノネオオワタムシ)が大発生。


yahata

久々に、白糠町のやはたへ。
正油ワンタンメン大盛り。

帰りに釧路駅に寄って、新幹線の切符を予約。
(大阪行きは、釧路〜羽田は空路、東京〜大阪は新幹線)
「富士山が見える方の窓側の席をお願いします」と、
窓口のおねえさんにリクエストをして、発券してもらう。


(撮影 /SONY RX100M3)
Copyright (C)ukigumo club , (C)Fumihiko ARAI All rights reserved.





『森のきのこ、きのこの森』(玄光社)
好評発売中!

A4変形版(通常のA4より縦がやや短い)
144ページ、オールカラー、150枚以上のきのこ写真を掲載!
価格2000円(税別)

→ アマゾンで購入する

morinokinoko,kinokonomori

中身の立ち読みは こちら を!

すでにたくさんの方々から感想をいただいておりますが、
想像以上に好評なのでとても嬉しく思っております。

そう、週刊文春11月20日号の「私の読書日記」欄で、
池澤夏樹氏に拙著を取り上げていただきました!

bunsyun


さらには、なんとなんと、池澤夏樹氏には、
12月11日付け毎日新聞の書評執筆陣が選ぶ2016の「この3冊」にも、
選んでいただきました!!
なんたる僥倖!

bunsyun

どうぞよろしくお願いします。



HOME     以前の愚写録をみる     お問い合わせなど